建築物総合調査診断・改修

ニッショウ機器では、ビル、マンション、工場等の外観調査、構造調査などの建築物の総合調査診断と改修工事などを行っています。
建築物は経年によって不具合や劣化が現れてきます。これらの劣化等が、どの程度進んでいるのか総合的な問題を把握し、建築物の維持保全のための修繕・改修計画の立案などをするのが建築物総合調査診断になります。
診断は、外壁診断、構造体診断、設備診断などの経年劣化が中心になります。


外壁診断

外観目視調査は、目視、触診により劣化状態を調査します。


塗材付着力試験は、コンクリートと塗材の接着力を診断します。


外壁剥離調査は、コンクリートとタイルの浮き具合を診断します。

構造体診断

コンクリート中性化測定は、コアを抜き取りコンクリートの中性化深度を診断します。


コンクリート強度試験は、ハンマーを使用して、コンクリート強度を診断します。

設備診断

給水管内視鏡調査は、ファイバースコープよる管内の腐食を診断します。


排水管内視鏡調査は、ファイバースコープよる管内の腐食を診断します。


※原則、給排水管に用いるファイバースコープは別々のファイバーを使用します。